狂気の沙汰も萌え次第

雑記ブログのはずが同人女の日記になりました。字書きが高じて今の肩書は記者です。

誰にもジャッジさせない[2024/5/12(日)]

5時半に起きたが「やっぱり登山…行きたくない…」と思い二度寝した。めんどく山脈……登山の一番難しいところは早朝に布団からでなければならないところだ。仕事なら何が何でも新幹線に乗ってどこまでも行かなければならないが、登山は別に行かなくてもいいので、単独登山のときはけっこうキャンセルしてしまうことが多い。もしこれが高速バスを利用するものだったり、宿泊を伴うものであれば多分行くのだろうが…。行く予定だったのは奥多摩の川苔山。行きだけで2時間くらいかかるのもネックに感じるポイントかもしれない。

8時に目が覚めて、このままだとダラダラ過ごしてしまう気しかしないので毎度おなじみ陣馬山に行くことにした。今年3回目だ。陣馬山は家から近く、乗り換えが上手くいくと1時間くらいで行ける。

これまで子供は風の子!大人は太陽の子!と言わんばかりに日焼け対策はずさんだった。とはいえお肌の曲がり角、日焼けの見た目うんぬんの前に紫外線の刺激が物理的に辛くなってきており、日焼け止めをしっかり塗った。最近自分の体の変化(加齢)を感じる。皮膚は弱くなったし、肌のハリが少なくなったし、たるむようになってきた。若さとは減り続けていく財産か? 一方で思考は前よりクリアになったし、社会の色んな仕組みが分かるようになったし、一人一人が持つ事情を知識でなく実感でわかるようになった。人生、失ったぶんだけ手に入るから、上手くできてるな。


登っていると明らかに以前より体が重い。太ったし筋肉おちた……とめげそうになりながら登る。下山してくるグループには大学生らしき若者が多かった。登山部や登山サークルなのか、普通のサークルで登山に来たのかはわからないが楽しそう。スニーカー&普段着の子もいて初々しい。
途中、補給をミスってもう力が出ない…となったところでベンチとテーブルを発見したので、早めの昼食。いつものようにシーフードカップラーメンを食べた。食べたら体力が回復したので、糖の補給は大事だと思った。

すこしスローペースで到着。暑かったので清水茶屋でゆずシャーベットを食べて涼んだ。富士山が雲の隙間から顔を出してきれいだった。これこそ登った人しか見られない景色だなと思った。職場に何でも小馬鹿にする人・見下す人がいてその人に「登山なんて何が楽しいのwww」と言われてちょっと凹んでいたが(正直に話した私が馬鹿だった)まあどうでもいいかあんなやつと思えた。その人は新人潰しのトンパさんでもう何人も何人もその人が原因で新人が辞めている。新人採用しても育てる気はなさそう。どうにかならんかなと思っている。私はまだトンパに潰されていないがトンパがいる限り平穏は訪れないのでさっさと他媒体に移りたい。誰にも私の人生をジャッジさせない。ジャッジされても受け取らない。


帰りはトレランが如く駆け足で下山。楽しかった。坂道は歩くより走った方が体重移動が楽な気がする。急斜面でスキーをゆっくり走らせる方が難しいのと同じで、重力に移動のエネルギーを預けるのがいちばんいい。もちろん登山道が混んでない時に限るが。夜はよくストレッチしてから寝た。


open.spotify.com

これは男性女性問わず聞いて欲しい内容。なぜそんなに女性に絡みたがるのか謎…

読んだ本

荻上チキ『もう一人、誰かを好きになったとき:ポリアモリーのリアル』

複数愛者の生の声を集めながらポリアモリーの解説をする本。荻上チキは不倫ニュースが記憶に新しいが、はポリアモリーなのか。
この本に出てくる取材対象者の9割が女性で「性別偏りすぎだろ!!!」と思った。ここに出てくるポアモリーレズビアンだけではなくバイセクシャルやストレートも多いのに何故?と考えてみたところ、「不倫は文化」というクソみたいな言葉がある通り、男性の不倫(と内包している複数愛)は社会から比較的容認されており、悩む前にもう実践できてるんじゃないかな。一方で女性は男性よりパートナーに対する純潔のプレッシャーがものすごく強く(男女カップルの不倫で叩かれる性の多くは女性)そういう社会的な息苦しさも作用しているのではないかと思った。
それでももっと男性に取材して欲しかったけどね。あとは女性の方が互助の場に行きやすい(そもそも女性の集いに男性が入りづらく、また1人で抱え込もうとして匿名だとしてもカムアウトしない)というのもある。
「性行為と結婚を結び付けてるのに無理がある」は本当にそれ。どう考えても生活と性行為って切り分けて考えるべきなのに、なぜか一緒にしているから夫婦間の性暴力とかレスとかいろんな問題が出てくるんでないの…と思う。というか実質したい方の気持ちが優先されてしたくない方の気持ちが優先されながちな気もするけど、ここでは直接の言及は避ける。

本上まなみ、 澤田康彦『一泊なのにこの荷物! 』

京都で暮らす夫婦の生活の日記。本上まなみ・ 澤田康彦夫妻は穂村弘の本で登場するので読んでみた。ステイホームの頃様子を見ていると、遠い昔のよう。外に出て子供と一緒に子供のように遊ぶ本上さんがまぶしい。お母さんの実家の庄内(山形県)が大好きでたびたび登場するのが印象的だった。

Deeper Vibration - song and lyrics by Mayer Hawthorne | Spotify

いよいよ明日は文学フリマ本番ですよ! むっちゃドキドキしてきた…。参加者の皆さん、今日くらいは読書は休んで明日に備えますよね?

5/19(日)文学フリマ参加&新刊情報 - 狂気の沙汰も萌え次第
詳細はこちらからチェックだ!!

明日はTRCで僕と握手!