狂気の沙汰も萌え次第

雑記ブログのはずが同人女の日記になりました。基本毎週月曜日更新。

この世界は捨てたもんじゃない

退職に関して管理職とその上長と面談。
出来れば年末退職って聞いたけど次の職場は決まってるの? と問われ、正直に決まってませんと答える。唖然とした顔をしていた。
「12月までに決まらなかったら無職になるってこと?」
「はい。というかしばらく無職になる前提で転職活動します」
「……(再び唖然顔)ゆっくりしたい気持ちもすごくわかるけど、当面の生活費は大丈夫なの?」
「あんまり大丈夫じゃないですけど、なんとかなるかなって」
今思えば楽観的な若者特有の泰然自若が過ぎる。しばらく沈黙する上司。
「会社としてじゃなくて個人的になんだけど、決まるまでうちにいた方がいいと思うよ。先立つものがないと辛いよ。次決まったらやめていいからさ。何なら夏のボーナス貰ってからでもいいから、もう少し考えたらどう?」
そんな風に優しく諭される。言ってることは至極真っ当だし、何が何でもすぐ辞めるほど喫緊の課題もない。だからお言葉に甘えることにした。退職理由は他業界への転職で、それも普通に(体面的にかもしれないが)応援してくれた。まさかそんな展開になるとおもってなかったから、すごくびっくりしたし、嬉しかった。最近、ずっと人間って全員意地悪じゃん、って思ってたけど実はそうではないのかも。自分が意地悪になってたからみんな意地悪にみえてただけだった。
消極的な退職理由は、今の環境で働き続けるのはしんどいなと思う小さな問題が積み重なって、ついに感情のコップが溢れてしまったからなんですが、あふれ出た水が飛び散ることなくうまく受け皿に収まった感じ。覆水盆に返らずというけど、溢れてもいい感じに収まることもある。

次の日、同じ職場の元上司からも「最近元気ないけど大丈夫? 自分でよかったら話聞くよ。まさか辞めちゃうとか? 川崎さんいなくなったらさみしいよ」と言われて普通に泣きそうになる。普通にみんな優しいじゃん。(話がずれるが50代くらいの人ってさみしいと思う気持ちをあまり隠さない気がする。歳の功? わたしはさびしがるのがバレるとすごく恥ずかしい)

そういえば、新卒の頃、先輩に「最近明るくなったね」と言われたことがある。私は本当に他人の機微に疎くて、他人にそういうコメントをしたことがないのだが、案外他人は見てくれている(見られている)のかもしれない。

インターネットの人間関係よりもリアルの人間関係のほうが打てば響くらしい。自分ももっと周りの人を大事にしたいと思う。この世は捨てたもんじゃない。



読んだ本

福島鉄平「こども・おとな」

一言で言うと少年が周りの人間の言葉や考えを吸収しながら大人になっていく話。ありふれたテーマなんだけど、切り取り方がすごくいい…年上や大人の言うことは正しいと思い込むが、実は正しくない場合が往々にしてあって、たくさんの人の言葉を選び取ってそれが自分になっていくということなんだろうか。ニスの重ね塗りにちかいものも感じる。おじいちゃんから「人とすれ違う時はあいさつしなさい」と言われた主人公が、いざすれちがっても挨拶をかえしてもらえなかったとき「お天道様にしたと思えばいい」と言われたシーンにとてもジーンときた。
福島先生のジャンプ+での連載「放課後ひみつクラブ」も素晴らしいので、是非。

村上春樹「辺境・近境」

図らずも「こども・おとな」のような対比のタイトル。香川のうどんの話とメキシコの話が面白かった。自分はずっと日本で暮らしているので、暴力にさらされ続けている世界というのに馴染みがなかったが、この随筆をよんでその肌触りが少しだけ分かった気がする。そこにある(あった)、ということを忘れてはいけない。
神戸の西宮から神戸まで歩いた日記もよかった。変わり続ける風景と変わらない昔の記憶。そこにさみしさはあるけど、それが生きるってことなんですか…?

森茉莉「贅沢貧乏」

これも対比タイトル。今週は対比タイトル週なのか?
発行は昭和に入ってからだが、文体や表現に明治大正の風を感じる。なぜなら森茉莉森鴎外の娘だから。とにかく文体がかっこいい。自分の住まいを自分の好きなものだけで整備するっていいことだな。これはまだ読み途中だから続きを読むのが楽しみ。





原稿は推敲のペースを上げないと間に合わない!!急げ急げ~~!
とりあえず当分金に困ることはなくなったので(単に会社を辞めないというだけで資産が増えたわけじゃない)欲しかったアウターを清水買いしました。届くの楽しみだな。

やきとりすみれで1人前からもつ鍋を注文できることを知り、食べてきた。スープがこってりしすぎて正直イマイチだった。もつ鍋+お通し+焼き鳥+ドリンクで3000円近くになってしまったし、これなら冷凍のもつ鍋セットを買った方が断然満足度が高い(外食だから仕方ない)。買うか…ふるさと納税でもらった博多のもつ鍋セットがおいしかったな。

ケーニヒスクローネフルーツケルペスがおいしかったのでおすすめです(貰った)
野菜食べてるけど野菜不足感が否めない。腹いっぱいサラダが食べたい、ということで今日はサラダを200g食べました。味噌汁も具沢山味噌汁だから多分360グラム摂取できたはず。


記事が紹介されたみたいです。やっぱりこの世界は捨てたもんじゃない。ありがとうございます。

juice=juiceの「この世界は捨てたもんじゃない」も多好感(タコカン)に溢れたいい曲なので、聞いてみてください!