読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

善く生きて、そして死ぬためのブログ

理不尽に思ったこと、興味深いと考えたこと、あとはクレソンを食べたくなった時に書きます

自己紹介

自己紹介

こんばんは。

いつも考えを整理せずにツイッターに垂れながしてしまうため、自分の記録用にブログを開設してみました。

 

私は大学4年の女です。(2017年2月現在)

大学では法学を学んでいました。

基本的にお金がないのですが、旅行したり観劇したいなあと考えています。趣味は料理と掃除と編み物です。

 

ブログのタイトルについて

後期の時間をまるまると使って卒業論文を書きました。

ざっくり言うと自殺とその後についてです。

なぜこのテーマ書いたのかというと、私はいつも(漠然とですが)死ぬことを考えているからです。

自殺の是非は置いておいて、もし自殺を実行に移したら私の身の回りはどうなってしまうのかを学術的に調べておきたかったので、それっぽい理由をつけて研究しました。

 

私はなぜ死にたいのか、明確な理由はありません。

自己を取り巻く環境、人間関係、自分の未熟さといった要素が積み重なって、

総合的に見て「これ以上生きていたくない」という状態になっています。

しかし自殺する度胸もなく、勉強をしてそれなりの大学へ進学し、就活をしてそれなりの企業から内定をもらい、上京する運びとなりました。

 

嫌だ嫌だとだだをこねても時間は過ぎて行きます。

普段劣等感に苛まれておりますが、死ぬときまでその劣等感に頭のスペースを割いて生きるのはあまりにも辛く、死ぬときには自分の心の中の不快なものを可能な限り取り除いて死にたいと常日頃思います。

そこでいつも思い出すのはソクラテスの「善く生きる」という言葉です。

ソクラテスがここで言う「善く」の意味を私は正しく理解することはできませんが、とにかく死ぬ時までは上記のことを満たすために善く生きなければならないなぁと思っています。(その死は自殺なのかその他の死因なのかわかりませんが)

そのためにこんなタイトルにしてみました。

 

文章を書くのが久しぶりなのでおかしなところがたくさんあると思いますが、ご容赦ください。

個人の記録用のブログですが、よろしくお願いします。